TOEIC®TEST単語を短期で習得 -TOEIC®TEST Vocabulary-

TOEIC Vocabulary
トレードマーク

TOEIC®TEST単語短期習得メール講座 (無料)

14,000語の意味が分かる!

TOEIC®TEST単語を克服する3つのステップ

STEP1・・・TOEIC®TESTの単語にフォーカスして勉強する

TOEICテストで求められる英語はビジネス英語です。リスニングセクションにしろ、リーディングセクションにしろ、短期間のスコアアップを狙っていくのであれば、一般的な単語(イディオム)をたくさん覚えるのではなく、ビジネス英語、単語にフォーカスして勉強し、TOEIC対策していくことが大切です。

ビジネス英語と聞くとハイレベルな単語や専門性がある単語など、難しい英語を想像してしまうかも知れませんが、TOEIC対策のために大切なのは日常的にどのビジネスでも使う単語や、丁寧な英語表現の仕方や会話、手紙のフォーマットなどを学習し、覚えることです。

STEP2・・・TOEIC®TEST頻出単語から勉強する

手っ取り早く短期間でスコアアップしたいのであれば、TOEIC公開テストに頻出する単語を学習し、対策していくことが大切です。試験にあまり出ない単語の学習をしてもスコアはなかなか上がらないので、せっかく学習した時間が無駄になってしまいます。

リスニングが苦手なのであれば、リスニングセクションに頻出する単語を、リーディングが苦手なのであれば、リーディングセクションに頻出する単語を問題集や参考書、英語教材を使って学習し、TOEIC対策をしていきます。

ちなみにおすすめは、TOEICテスト公式問題集を使って学習することです。この問題集はTOEICを運営しているETSが出版しているものなので、実際の試験にも同じビジネス単語やフレーズが頻出します。リスニングセクション、リーディングセクション各Partの問題パターンに慣れることもできますので、スコアアップのために問題と答えを覚えるぐらいこの問題集を使って学習していっても良いです。

STEP3・・・英語辞典を使わないでも単語の意味が分かるようにする

日本の漢字はその漢字のつくりから意味を想像し、捉えることができますが、それと同じように英語の単語も、単語を見ただけで意味を想像し、捉えることができます。

その単語の仕組みを学習して覚えると、英語辞典を使わずに単語を見ただけで意味が分かるようになりますので、特にリーディングセクションの問題を解くときに重宝します。もちろん、リスニングセクションのスコアアップにも非常に効果的な単語対策ですし、TOEFLや英検、IELTS、ケンブリッジ英語検定等、他の英語試験や英会話にも使える単語学習方法です。

詳しい学習方法は無料メール講座でお伝えしているので、語彙力を一気に上げ、TOEICハイスコアを狙いたいのであれば是非チェックして下さい。